@豊能町商工会

2019年07月20日

夏 @余野



  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 12:16春夏秋冬・自然

2019年07月10日

豊能町プレミアム商品券 取扱店募集のお知らせ

豊能町内における個人消費の拡大と商工業活性化を目的として
4千円で5千円分の買い物ができる「豊能町プレミアム商品券」を
発行、販売することになりました。

つきましては、商品券の取扱店を募集しますので、町内事業者の
みなさまには、ぜひともご登録いただきますようお願いいたします。

【対象店舗】
豊能町内に所在する一般消費者を対象とした事業所等
(小売業、飲食業、建設業、各種サービス業等)
※ただし、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する
法律第2条に該当する事業、公序良俗に反する事業等を除きます。

【募集期間】 
令和2年1月31日まで
令和元年7月31日(水)までに申請一登録いただければ、
「取扱店一覧表」に掲載いたします。

【申込方法】
「豊能町プレミアム商品券」取扱店登録申込書に記入の上、
豊能町商工会に持参、郵送、FAXでお申込みください。

【発行内容】
 5,000円券×10枚を1セット  1冊5,000円の綴りを4,000円で販売

【使用期間】
令和元年10月1日(木)から令和2年3月31日(火)

【使用方法】
取扱店で現金と同様に使用することが可能です(お釣りはでません)。
ただし、出資や債券の支払い、他の商品券、ビール券、酒券、図書カード、
切手、官製はがき、印紙、たばこ、不動産など換金性の高いものは対象外
となるものがあります。原則として、取扱店に費用負担はありません。
  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 17:51お役立ち情報

2019年05月22日

平成30年度第2次補正予算 小規模事業者持続化補助金のお知らせ

平成30年度第2次補正予算 小規模事業者持続化補助金のお知らせ

期間 令和元年5月22日(水)~6月28日(金) 1次締切 
~7月31日(水) 2次締切

対象者 商工会の管轄地域内で事業を営んでいる小規模事業者

経営計画に基づいて実施する販路開拓の取り組みに対し50万円
(一定の要件を満たした場合は100万円)を上限に補助金が出ます(補助率2/3)。

 ・希望される方は-添付の公募要領をご一読のうえ、期間に余裕をもって
管轄の商工会にご相談ください。
 申請書を作成する方は@添付の入力用の様式集をお使いください。

様式1、2、3、5は必須となります。7、8、9は商工会と相談して必要に応じて
お使いください。様式4、6は商工会で作成します。

※商工会議所の管轄地域内で事業を営む方は最寄りの商工会議所にご相談ください。

詳細は以下リンクご確認ください。

http://www.osaka-sci.or.jp/jizokuka/index.html

  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 17:52お役立ち情報

2019年05月15日

豊能町農×観光関連創業支援事業補助金のお知らせ

町が推進する農×観光戦略と連携し、農業及び観光振興や来訪者の
滞在拠点づくりなど地域の課題解決に取り組む方策として、町内において
民泊(町内産品を活用した食事を施設内で提供することができる施設)・カフェ
・レストラン等の新規開設を目指す新規起業者に対する支援を目的としてます。

期間 令和元年6月10日(月)から令和2年1月31日(金)まで(必着)

対象者 町内において補助事業年度内に起業を予定している者又は起業したもの

経営計画に基づいて実施する補助対象と認められる経費の2分の1以内の額とし、500万円を上限。

詳細は以下リンクをご確認ください。

http://www.town.toyono.osaka.jp/page/page003256.html

  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 17:09お役立ち情報

2019年01月20日

近年の経営審査 改正点

近年の建設業、経営審査 改正点です。

減点部分 社会保険未加入、法律違反 減点部分の増加
背景    働く人を大切にする業界・企業で あることを「見える化」するため

加点部分 建設機械保有、若年技術者、地域貢献部分(防災活動、維持、除雪)の加点
背景    建設業者の「地域の守り手」としての役割の評価を拡大し、こうした企業を将来にわたって 後押しするため

建設業許可区分 解体の新設 猶予措置としてとび土工業者に対する猶予措置 平成28年6月~令和1年5月
令和1年6月以降は、解体工事業の許可がなければ、500万以上の工事を請け負うことができません。

背景 高度成長期建設の建物の取り壊し需要の増加、解体工法の専門性の高度化(実務経験、技術者配置、工事の質の向上)


http://www.ciic.or.jp/wp-content/uploads/2017/08/keishinsankou108.pdf
  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 18:05お役立ち情報

2018年12月03日

基礎控除・給与所得控除・公的年金等控除の改正

2020年分以後の所得税より(個人住民税については2021年度分以後)基礎控除・給与所得控除・公的年金等控除の控除額が改正されます。

基礎控除の見直し
①基礎控除の額が一律10万円引き上げられます。
②合計所得金額2,400万円(給与収入金額2,595万円)超については、その合計所得金額に
応じて控除額が逓減し、合計所得金額2,500万円超については、基礎控除が適用できなくなります。


給与所得控除の見直し
①給与所得控除の額が一律10万円引き下げられます。
②給与収入の金額が850万円超の場合、給与所得控除の上限額が195万円になります※。
※本人が特別障害者に該当する場合や23歳未満の扶養親族や特別障害者の対象となる扶養親族等が同一生計内にいる者については、負担増が生じないよう措置がとられます。


公的年金等控除の見直し
①公的年金等控除額が一律10万円引き下げられます。
②公的年金等の収入金額が1,000万円超の場合、公的年金等控除の上限額が195.5万円になります。
③公的年金等に係る雑所得以外の所得の合計所得金額が1,000万円超2,000万円以下の場合、控除額は①及び②の見直し後の控除額から更に一律10万円引き下げられます。
④公的年金等に係る雑所得以外の所得の合計所得金額が2,000万円超の場合、控除額は①及び②の見直し後の控除額から更に一律20万円引き下げられます。


※65歳未満の場合の最低控除額
②の場合 60万円(改正前 70万円)
③の場合 50万円
④の場合 40万円  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 18:16

2017年04月15日

雇用保険料率が引き下がります。

平成29年4月1日から平成30年3月31日までの雇用保険料率
は以下のとおりとなります。

失業等給付の保険料率は、労働者負担・事業主負担ともに1/1,000ずつ
引き下がります。

雇用保険二事業の保険料率(事業主のみ負担)は、引き続き 3/1,000
です。

詳細は、以下リンクご参照ください。

http://www.shokokai.or.jp/01/0148610000/1_36054/2017.4.19.pdf  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 17:18

2016年02月02日

webページ

http://toyono-sci.com/

随時更新しております。  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 17:32豊能町商工会 webページ

2015年08月11日

平成27年度しごと創生スタート支援事業募集のご案内

 
 女性や若者等の起業や後継者の新分野への挑戦を応援することにより、地域の活性化や起業者及び関係者の定住促進を図る目的で、「しごと創生スタート支援事業」が公表されました。具体的には、町内で起業や第二創業を目指す方のうち、審査委員会において認められた起業に係る必要経費の一部を補助。

 補助対象者
町内において平成27年度内に起業を予定している方、または申請時に起業の日から6か月を経過していない方。

 補助対象経費
  補助対象経費は、事業の立ち上げ等に必要な経費として明確に区分できるもので、かつ証拠書類によって発注、納品、支払等の金額・時期・内容等が確認できる経費。

 補助対象期間
  補助の対象となる事業の補助対象期間は平成27年度内に事業が完了するもので、起業の日までに支払った経費を補助。

 補助率
  補助対象経費の2分の1以内

 補助限度額
  250万円以内(※ただし、予算の範囲内)

 補助事業の審査
  審査委員会で審査を行い、補助事業の適否、補助対象経費の適否について決定。審査にあたっては、事業計画の内容及び事業の実施能力等の書面審査の後、必要に応じてヒアリング及び現地調査もあり。

 申請方法
(1)申請受付  平成27年8月3日(月)から平成28年1月29日(金)まで(必着)
(2)申請に必要な書類(※下記よりダウンロードできます)


詳細は、豊能町農林商工課より 要項・申請書・計画書をダウンロードできます。
  http://www.town.toyono.osaka.jp/page/page001450.html 


  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 11:10

2015年08月05日

第27回とよのなつまつりのお知らせ

本年も多数のご協賛を賜わり、今週土曜日(8/8)17時より豊能町商工会青年部主催【第27回とよの夏まつり】を開催いたします。
お笑いコンビ『アキナ』のご出演や豪華景品をご用意した大抽選会、地域の事業者様によるご出店など企画しておりますので、是非お越しくださいませ。


【第27回とよの夏まつり】
 日時:平成27年8月8日(土)17:00~21:00予定
 場所:東能勢中学校グラウンド(豊能町余野159-2)
 駐車場:東能勢中学校グラウンド会場横



とよの夏まつり  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 11:39Comments(0)地域・イベント

2015年07月17日

小規模事業者持続化補助金追加公募のお知らせ。


○募集期間
 平成27年7月3日(金)16時~7月31日(金)(〆切日当日消印有効)

○事業実施期間
 交付決定通知(平成27年9月頭予定~平成27年12月31日(木))
 ※会議所は平成27年9月頭予定~平成27年11月30日(月)と終了日が
  異なります。
  ・様式の取り扱いについて
  ・1次締切、2次締切と同じく、基本はエクセル形式のファイルでの作成を事業者にお願いします。


◎ http://www.osaka-sci.or.jp/jizokuka/ (大阪府商工会連合会 小規模事業者持続化補助金サイト)


小規模事業者(注1)が、商工会議所・商工会の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って販路開拓に取り組む費用の2/3を補助します。補助上限額:50万円(注2、注3)。

(注1)小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5
人以下)の事業者です。

(注2)補助対象経費75万円の支出の場合、その2/3の50万円を補助します。同様に、補助対象経費60万円の支出の場合は、その2/3
の40万円が補助金額となります。また、補助対象経費90万円の支出の場合には、その2/3は60万円となりますが、補助する金額は、
補助上限額である50万円となります。






  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 09:53Comments(0)お役立ち情報

2015年03月20日

許可申請・経営審査 改正について 建設業向け

大阪府許可更新【改正】について 平成27年4月1日より

必要書類が追加されます。
・従来の取締役に加え、顧問、相談役や、100分の5以上の個人の株主等に関す
  る書類が必要となります。
 ・営業所専任技術者の一覧表の作成が必要となります。(管理技術者資格証によって可能も証明可能になります)

書類が簡素化されます
 ・役員や使用人の略歴書が大幅に簡素化され、経営業務管理責任者を除き、職
  歴の記載が不要となります            
 ・役員や使用人の一覧表に生年月日や住所の記載が不要となります
 ・財務諸表に記載を要する資産の基準が100分の1から100分の5に緩和されます

・営業所専任技術者の証明が管理技術者資格者証によっても可能になります。
・大臣許可業者の許可申請書などの提出部数が正副2部に削減。
・外国人建設就労者・外国人技能実習生の従事有無の記載が必要に。
・許可申請書などの個人情報が閲覧対象から除外。


経営事項審査の手続きについて【改正】平成27年4月1日より

 審査基準の改正の概要
①新たに若年技術者・技能労働者等の育成及び確保の状況を評価。(各一律1点、最大2点の加点)その他(社会性)の審査項目(W)において下記の基準を満たす場合、加点対象とする。
 ・技術職員名簿に記載されている35歳未満の技術職員数が技術職員名簿全体の15%以上の場合(一律1点)
 ・新たに技術職員名簿に記載された35歳未満の技術職員数が技術職員名簿全体の1%以上の場合(一律1点)
② 評価対象となる建設機械の範囲を拡大。(1台1点、最大15台は変更無し)
  新たに下記の3機種の保有状況をその他(社会性)の審査項目(W)にて加点対象とする。
 ・移動式クレーン(つり上げ荷重3トン以上)・大型ダンプ車(車両総重量8t以上または最大積載量5t以上で事業の種類として建設業を届け出、表示番 号の指定を受けているもの)
  ・モーターグレーダー(自重が5t以上)



毎年、改正があり、大変ですが、傾向としまして社会的背景(景気促進の為の設備投資、若年層の雇用・技術者育成)からの変更が多くみられると思います。4月以降に申請、該当される方はご相談ください。
  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 13:29Comments(0)

2015年03月02日

小規模事業者持続化補助金のお知らせ!!

昨年度に引き続き小規模事業者持続化補助金のお知らせ!!






◎小規模事業者が商工会と一体となって取り組む販路開拓の費用(チラシ作成費用や商談会参加のための運賃など)の2/3を補助します。
また、①複数の事業者が連携した取組や②雇用対策・買い物弱者対策への取組を行う事業者に対しては重点的に支援(補助上限のアップ)されます。
補助上限額:50万円(①500万円②100万円)
≪ 対象となる取り組み例≫
◎販促用チラシの作成、配布 ◎販促用PR(マスコミ媒体での広告、ウェブサイトでの広告)◎商談会、見本市への出展・店舗改装(小売店の陳列レイアウト改良、飲食店の店舗改修を含む)◎商品パッケージ(包装)の改良◎ネット販売システムの構築 ◎移動販売、出張販売◎新商品の開発◎販促品の製造、調達 など

第一次受付締め切り  平成27年3月27日(金)10月31日までに事業が終了するもの。
第二次受付締め切り  平成27年5月27日(水)11月30日までに事業が終了するもの。

※全国商工会連合会の審査があります。
※小規模事業者とは、常時使用する従業員数が工業等の場合20名以下、商業・サービス業は、5名以下
※従業員5名以下の小規模事業者を優先的に採択する補助金です

申請を希望される方は、

経営力強化で対応する持続化補助金経営相談で受け付けさせていただきます。

日時  平成27年3月17日(火)13:00~16:00
会場  豊能町商工会館2階会議室
定員  先着順 (申込締切3月13日)

詳しくは、3月度商工会月報にて。

販路拡大をお考えの事業主様、ご連絡をお待ちしております。

4、5月も相談を受け付けておりますので月報のご確認または、ご連絡願います。
  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 10:14お役立ち情報

2015年02月28日

ものづくり・商業・サービス革新補助金のお知らせ

ものづくり・商業・サービス革新補助金のお知らせです。

目的:国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するために革新的な設備投資やサービス・試作品の開発を行う中小企業を支援します。

内容:新しい商品・サービスの開発や業務プロセスの改善、新しい販売方法の導入など、中小企業・小規模事業者が取り組む事業革新の費用の2/3を補助します。今回は、共同体で行う設備投資なども支援対象に追加します。

補助対象: (1)新しいサービス、新商品・試作品の開発 (2)複数者が共同で取り組む設備投資等

補助上限額:(1)1,000万円 (2)共同体で5,000万円(500万円/社)

革新的なサービスの創出
『中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン』で示された方法で行う革新的なサービスの創出等であり、3~5年計画で、『付加価値額』年率3%及び『経常利益』年率1%の向上を達成できる計画であること。

ものづくり革新
『中小ものづくり高度化法』に基づく特定ものづくり基盤技術を活用した画期的な試作品の開発や生産プロセスの革新であること。

共同した設備投資等により事業革新
複数の企業が共同し、ITやロボット等の設備投資により、革新的な試作品開発等やプロセスの改善に取り組むことで、共同事業者全体の3~5年計画で『付加価値額』年率3%及び『経常利益』年率1%の向上を達成できる計画であること。

公募期間:受付開始:平成27年2月13日 締め切り:平成27年5月8日

補助対象:
1 革新的サービス
≪一般型≫
・補助上限額:1000万円 ・補助率:2/3 ・設備投資が必要
≪コンパクト型≫
・補助上限額:700万円 ・補助率:2/3 ・設備投資不可
※設備投資をせずにサービス開発をすることもできます(上限700万円)
2 ものづくり技術
・補助上限額:1000万円 ・補助率:2/3 ・設備投資が必要
3 共同設備投資
・補助上限額:共同体で5000万円(500万円/社) ・補助率:2/3 ・設備投資が必要

公募要領・申請様式は 大阪府中央会のホームページをご参照ください。 http://www.maido.or.jp/mono_H26/index.html


  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 09:32Comments(0)

2015年02月05日

次年度施策発表されました。

次年度施策が発表されました。 

下記、ミラサポサイト(動画つき)がありますのでご利用くださいませ。

https://www.mirasapo.jp/budget/estimate.html


平成26年度補正予算案・平成27年度予算案の説明概要です。

ものづくり・商業・サービス革新に取り組む方
ものづくり・商業・サービス革新補助金(ものづくり・サービス補助金)
革新的ものづくり産業創出連携促進事業(サポイン事業)
商業・サービス競争力強化連携支援事業(サービス・サポイン事業)

商店街の発展を目指す方
地域商業自立促進事業(商店街支援)

人材の確保・育成をしたい方
中小企業・小規模事業者人材対策事業(地域中小企業人材バンク)

小規模事業者の方

小規模事業者支援
小規模事業者経営改善資金融資事業(マル経融資)・小規模事業者経営発達支援融資事業

創業を目指す方
創業・第二創業促進補助金(創業補助金)
地域創業促進支援委託事業(創業スクール)

地域資源を活用したい方
ふるさと名物応援事業

販路開拓に取り組む方
中小企業・小規模事業者海外展開戦略支援事業(海外展開支援)
JAPANブランド育成支援事業

下請事業者の方
下請中小企業・小規模事業者自立化支援事業(下請自立化補助金)

事業承継をお考えの方
中小企業新陳代謝円滑化普及等事業
中小企業再生支援協議会(事業引継ぎ支援事業)

資金繰り・事業再生でお困りの方
資金繰り支援
中小企業・小規模事業者事業継続力強化支援事業(BCP支援)
中小企業再生支援協議会

地域の課題解決に取り組む方
地域課題解決ビジネス普及事業

経営改善・専門分野でお悩みの方
中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業(よろず支援拠点)
認定支援機関による経営改善計画策定支援事業


利用可能か等はお近くの商工会・会議所へご相談ください。




  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 07:30Comments(0)お役立ち情報

2015年02月02日

豊能町 大阪 ふるさと納税のおしらせ   

豊能町ふるさと納税制度の事業所様参加が増えチラシが新しくなっております。












http://www.sankei.com/economy/news/141217/ecn1412170024-n1.html

ふるさと納税制度は、制度拡張が後押しされるような状態でしょうか。


事業所様は、




によりお申し込みを受け付けております。


応援いただける方は下記より寄付申請お願いい申し上げます。


http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/27321



  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 07:50Comments(0)地ヂカラ(ロハスフェスタ)地域・イベントお役立ち情報

2015年01月29日

高額療養制度  改正について   

高額療養費制度が平成27年1月より改正されました。


高額療養費とは1ヶ月に医療機関の窓口で支払った医療費が、自己負担限度額を超えた場合、超えた額が申請により払い戻される制度です。

入院時の差額ベット代、食事代、保険外の負担分は対象外です。




厚労省より参照


主に高齢化を背景として、保険料負担が年度ごとに大きくなり、年金や今回のような高額医療費制度は今後、更に条件が厳しくなっていくことが見通されます。


事業主様は、








小規模企業共済による 年金積立、節税や確定拠出年金などを利用し、
自主的にコツコツ老後資金(年金、退職金)を積み立てていかれることが将来の確実な貯蓄へと
つながるのではないかと判断されます。



ご支援は、当商工会でさせていただきますのでお気軽にお声掛けください。  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 07:42Comments(0)

2014年11月29日

経営事項審査における社会保険未加入について <建設業向け>

●平成24年7月より、経営事項審査の審査基準改正等に伴い、取扱いが変更。

(1)保険未加入企業に対する経営事項審査の評価が厳しくなり、経営事項審査について、
評価項目のうち「健康保険と厚生年金保険」が「健康保険」と「厚生年金保険」にわけられ、
各項目ごとに審査されておりました。

雇用保険、健康保険及び厚生年金保険への未加入企業に対する減点幅が拡大されます。
※未加入の場合の減点幅は各40点。3つの保険(雇用、健康、厚生年金)すべてに未加入の場合は、
  現行 マイナス60点→ 改正後 マイナス120点。

↓結果として

●保険未加入業者の指導後3割が加入、 厚労省へ通報も3割

 国土交通省、社会保険未加入業者に対する加入指導状況
(2012年11月- 14年3月)

 経営事項審査の申請時などに未加入が判明し、建設業許可部局が指導した結果、
そのうちの約3割が保険に加入。
一方、原則2回の加入指導にも従わなかったため、厚生労働省保険担当部局に
通報した件数も約3割とのことです。


●法人であり建設業の事業所様は、社会保険加入申請は、経営審査事項対象年度に
すませておきましょう。手続きもさることながら、点数減点は大きく事業にかかわってきますし、
調査があると精神的にも負担がかかってきてしまいます。
  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 16:35お役立ち情報

2014年10月13日

工事経歴書の請求確認について<建設業向け>

平成26年10月1日受付分より、経営事項審査に伴う、工事経歴書記載の上位5件分の建設工事に係る確認書類において、
官公庁等が発注する公共工事に関し、発注者の記名・押印がなく、受注者記名・押印のみの書面によって契約した工事についての、
完成工事高の確認は、下記の(1)から(3)のいずれかの方法により行うこととなります。

 (1) 市町村が工事代金支払いに際して発行している支払通知書・振込通知書

 (2) 市町村が工事完成検査後に発行している完成検査通知書

 (3) 預金通帳の写しや公的機関が発行した支払い通知書

 ※全ての書類について工事名・請負金額が確認できるものに限ります。

 ※(1)・(2)について、市町村によって書類の名称が異なる場合や、発行していない市町村もありますので、ご注意下さい。


  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 17:17お役立ち情報

2014年05月30日

小規模事業者持続化補助金 採択の件

小規模事業持続化補助金の採択一覧があがっております。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/shokibo/2014/140502shokibo.pdf

ご参考下さい。こういった制度をドンドン利用していただければと思います。


*小規模事業者の地道な販路開拓(創意工夫による売り方やデザイン改変等)などの取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。http://toyono-sci.com/pdf/20140430092452.pdf


商工会連合会のページも充実してきております。

http://www.osaka-sci.or.jp/jizokuka/saitakumuke.html

支援は、当商工会でさせていただきますのでお気軽にお声掛けください。
  

Posted by @豊能町商工会 http://toyono-sci.com/ at 16:45Comments(0)お役立ち情報